子供のおでこが毛深い!その原因と対策を元美容看護師がご紹介!

子供 おでこ 毛深い

 

おでこは体の中でも目立つ箇所ですから、毛深いと気になりますよね。
目につく場所ですから、おでこに限らず子供の顔の中で毛深い箇所があると気になってしまう方は多いです。

 

成長と共に落ち着くとは言われていますが、待てないケースもあります。
特に子供本人が友達などから指摘されていたら、対処する方が良いからです。

 

ただ、相手が子供だけに対策方法の選択が重要です。
方法次第では、毛深いとは別のお肌トラブルを起こす可能性もあるからです。

 

この記事では、元美容看護師として子供のおでこが毛深い場合の原因と対策方法についてご紹介します。

子供のおでこが毛深い場合の原因

 

対策、処理方法の前に原因からお伝えしておきます。
おでこだけ毛深いことが気になる方もいるようですが、個人差です。
鼻の下、眉毛の間の産毛が濃いことで悩んでいる方もいます。

 

  • 遺伝
  • ホルモンバランス
  • 生活環境、生活習慣

というのが、子供が毛深い場合の原因として言われています。

 

その中でも特に多いのが、遺伝です。
何となく毛深い=遺伝というイメージ、持たれているのではないでしょうか。

 

遺伝の厄介な点は、祖父母からの影響もあり得るということです。
両親が毛深くないのに子供が毛深い場合、祖父母からの遺伝の影響が考えられるそうです。

 

遺伝ということは、先天性のものということです。
誰にでも有り得ることですから、親も子供も気にする必要はないです。
思い詰めることがストレスとなり、更に毛深くなる可能性もあるそうです。

 

おでこが毛深い子供向けの対策、注意点

 

次に、子供のおでこが毛深い場合の対策・処理についてです。
遺伝といった仕方がない原因があるとはいえ、悩んでいるならば対策をする方が良いです。

 

  • カミソリ
  • 電気シェーバー
  • 脱毛

というのが、主な対策・処理の方法だと思います。
既に実践されている方も、いらっしゃるかもしれません。

 

ですが、上記の方法というのは子供には適していないです。
カミソリでの処理は言語道断、シェーバーも脱毛も良いとは言えません。

 

私がオススメする対策方法は、抑毛ローションを使うことです。

 

ムダ毛対策用に作られたローションで、気になる箇所に塗るだけでOKです。
ムダ毛処理後の肌を整えるのはもちろんですが、継続して使う中でムダ毛を薄く・細くする働きが期待できます。

 

中でもオススメなのが、パイナップル豆乳ローションです。
子供のムダ毛に関する友達の相談には、これをオススメしています。

 

色々理由はあるのですが、一番良いのは医学誌掲載という効果の実績です。
ムダ毛に対する効果に対してエビデンスデータがあります。

 

返金保証も付いていますし、購入に関してはよくある回数制限がないです。
縛りがないので、安心して抑毛を始められると思います。

 

まとめ

 

子供のおでこが毛深いのは、遺伝の影響が大きいです。
成長に応じて落ち着くと言われていますが、悩んでいるなら対策する方が良いです。

 

お肌への負担が大きい自己処理は極力控えて、抑毛ローションを使うのが良いです。
特にパイナップル豆乳ローションは、ムダ毛への効果が医学誌にも掲載されています。
購入回数の縛りも無く、返金保証もついています。

 

深刻な悩みになる前に、傷つく前に対策を始めてみて下さい。

TOPへ